Stone IPA

Stone IPA

ストーン

ストーン アイピーエー

Style - India Pale Ale

ABV - 6.9 | IBU - 71

 

まずはStoneの実力をこのIPAから。始まりは1997年8月、Stoneの1周年を祝うビールとして醸造された。ホップはMagnum、Chinook、Centennialの3種類を使用し、それらを惜しげもなく大量投入。2週間のドライホッピングで一体感を持たせながらも階層的にホップの香味を溶け込ませた。Stoneの共同創業者であり最初のブリューマスターでもあったSteve Wagnerが初めてStone IPAを醸造した時、彼はまだ知る由もなかった。英国の由緒正しいペールエールというスタイルにホップを大量投入した実験的なスタイルのビールが、ここまでの熱狂的人気を獲得することを。今でこそ「IPA」のアルファベット3文字はビールファンの間で認知されているが、Stone IPAがクラフトビールシーンに登場した1997年当時はIPAの文字に対して疑問符を浮かべる人々がほとんどだった。知名度もなく、飲んだ人々に不快な味わいと受け取られていた苦みを持つこのビールが、時を経た現在では人々が飛び付くビールとなり、冷蔵庫に常備されるビールとなったのだ。Steve WagnerがStone Brewing Co.の礎となるビールを生み出した父のような存在であるように、Stone IPAはその後のStoneで醸造される“ホップを前面に押し出したビール”をインスパイアし続けてきた母のような存在だ。Stone IPAが無ければStone Ruination IPAも、Stone Cali-Belgique IPAも、フレッシュなビールを楽しむというムーブメントの先駆けとなったStone Enjoy By IPAも決して生まれることは無かっただろう。Stone IPAとは数多くのホッピーなビールを世に送り出してきた歴史的なビールなのである。白色のヘッドと美しい黄金色。はっきりと感じられるレモンの皮、フルーティーシリアルやシトラス、松のようなホップアロマ。軽めのモルトボディに力強いシトラスフレイバーが感じられる味わい。ホップの苦味、モルトの味わいの完璧なバランスが美しい。クリーンな苦味が舌に残り続ける余韻。Stoneチームにとっても一番のお気に入りの一つであるという。ホップの醸し出すアロマやフレイバーを十二分に楽しめる、王道ウェスト・コーストスタイルIPA。