Mind Haze 568ml

Mind Haze 568ml

ファイアストーン ウォーカー

マインド ヘイズ

Style - Hazy IPA

ABV - 6.2 | IBU - 40

 

 Firestone Walkerにとって初Hazy IPA。1年もの歳月をかけて試行錯誤を繰り返し完成した、Firestone WalkerらしいHazyスタイル。  きっかけは、ブリューマスターMattがドイツにあるGutmann Breweryを訪れたときに出会ったWeizenbock。Weizenbockは、白い濁りのある、クリーミーな口当たりとトロピカルバナナのアロマが印象的な、ドイツで50年以上造り続けられている伝統的なビールスタイル。この歴史的なビールからインスピレーションを得たMattはチームと共に、「誰もがHazy IPAだと納得でき、かつFirestone Walkerらしいオリジナルさも際立つ」ビール造りをスタートさせた。同時に、Firestone Walkerの他のIPAと肩を並べる品質を追求した。Mind Hazeの濁りは普通のHazyスタイルのビールのように酵母やスターチの残留物からのものではなく、自然のタンパク質、タンニン、そして酵素の働きからだとMattは説明する。この自然の働きによって濁ったビールは、誰もがHazy IPAに期待する濃厚な口当たりと質感を生み出しただけでなく、高品質なHazy IPAにする事にも成功した。  Mind Hazeという名称は、カリフォルニアのセントラルコーストを常に覆っている霧、そして、Hazy IPAとは何を指すのかというアイディアを混乱させ曇らせる、といった2つの意味合いを含めて名付けられた。  グラスに注ぐとホップ由来の草や樹脂のような香りが溢れ出す。そのすぐ後に、レモンやオレンジの皮のようなシトラスゼストの香り、ジューシーなトロピカルフルーツの香りが追いかけ、そして微かに甘いキャラメルやクラッカービスケットのようなモルトアロマを感じ取ることが出来る。一口飲むと、パイナップルやライチなどのトロピカルフルーツのフレーバーが広がり、その中にもしっかりとした草や樹脂のような柔らかな苦みがあり、フルーティーさとマイルドな苦みが絶妙なバランスを取る。ミドルボディで、フィニッシュはすっきりドライ。ジューシーでありながらもすっきりとした飲み心地。 注)麦汁をつくる際の “レシピ”。数種類の穀物をミックスしたもの。