Fortunate Islands

Fortunate Islands

モダンタイムス

フォーチュネートアイランズ

Style - Hoppy Pale Ale

ABV - 5 | IBU - 40

 

Modern Timesの定番ホッピーウィート。ホップ由来のはっきりとしたフルーツ感がありながらも、小麦のまろやかな口当たりがこのビールをセッショナブルたらしめている。IPAのホップアロマ、ウィートエールの飲みやすさを持ち合わせる、Modern Timesらしいハイブリッドスタイル。ホップにはCitra、Amarilloの2種を使用し、ビタリングよりもドライホッピングに重きを置いている。Citraホップからくるシトラス、トロピカルフルーツのアロマがこのFortunate Islandsの肝だ。さらにAmarilloホップのグレープフルーツ、松といったニュアンスが加わることで、IPAに負けず劣らず強烈なホップアロマが体験できる仕上がり。モルトには2-row、Wheat Malt、Caraviennaを使っており、全体の60%はWheat Maltが占める。これによりほんのりナッティなキャラクターとまろやかな口当たり・ボディを手に入れた。全体的にドライだがCaraviennaモルトのほんのわずかな甘みがアクセントとなっている。グラスに注ぐと曇ったイエローに厚めの白いヘッド。弾けんばかりのシトラス、マンゴー、タンジェリン、パッションフルーツアロマがグラスから飛び出す。口に含むとやはりフルーティーさが前面に出た味わいだが、程よくドライで青々しい草のような苦みも感じられる。フィニッシュもドライでビター。非常にソフトな口当たりと5%というアルコール度数は、どんどん杯を進めてしまう飲みやすさを演出する。名称のFortunate Islands(別名Isles of the Blessed)は大西洋にある伝説の島々を指し、ギリシャ神話の英雄たちが坐す場所だと言われている。ギリシャ神話によると、生まれ変わりを3度繰り返し、3度とも天国へ行けるほど純粋な魂を持った者たちがFortunate Islandsへ降り立つことを許されるとされている。