Celebration

Celebration

シエラネバダ

セレブレーション

Fresh Hop Ale |  ABV-6.8%

 

 フレッシュホップに捧げる惜しみない祝福。
 1981年より毎年醸造される、Sierra Nevada初のIPAにして、クラフトビール史における最初期のIPAの一つ。彼らの季節商品群の中で最も販売量の多いビールである。ブリュワーが自ら選んだホップをふんだんに使用したこのビールは、アメリカンクラフトビールの歴史の中でも最初期のアメリカンスタイルIPAの1つと言えるだろう。
 Celebrationは1981年10月に創業者Ken Grossman(ケン・グロスマン)が冬の季節限定ビールとして醸造を開始し、1983年から現在に至るまではレシピを全く変更していない。すなわち、30年以上経った今でも昔と変わらない味わいを生み出しているのである。そのようなビールが今でも愛され続けているのはひとえにGrosmannの先見性、そして彼のホップに対する飽くなきこだわりの結果だろう。ホップには厳選されたChinook、Cascade、Centennialが使われる。それも単なるホップではなくフレッシュホップ(乾燥させた、採れてから7日以内のホップ)だ。
 乾燥しているかどうかやホール・ホップかペレット・ホップかどうか等によって差はあれ、ホップというものは時間経過によって鮮度が落ちて本来のキャラクターが失われていくものである。そこでGrossmanは可能な限り新鮮なホップを手に入れてビールに使う事で生々しいフレイバーを特徴とするビールを造り出したのである。今でこそホップフレイバーが前面に出たビールは当然のように受け入れられているが、1980年代前半にこのような強烈な味わいを演出したのは衝撃的な事である。
 現在でも毎年ホップの収穫期前になると、Celebrationに投入するホップを選定することに多くの労力を費やしている。9月の第1週ごろに、今年の醸造に使用するホップの農場を選び、収穫するとすぐに低温で乾燥させて、梱包後にいち早くブリュワリーに届けるのだ。ブリュワリーにホップが届いてからはお祭り騒ぎのようになる。フレッシュホップがブリュワリーに届くと同時に一斉に醸造作業に取り掛かり、パワフルなシトラスのアロマを持つビールを生み出していくのは、Sierra Nevadaにとって冬の始まりを告げる恒例行事なのである。
 グラスに注ぐと深いアンバー色にクリーミーなベージュ色のヘッド。香りは強烈な松とシトラス、フローラル、フルーティーでモルト、かすかにスパイシー。味わいはビターなグレープフルーツ、モルト、ほのかにタンジェリンの甘み。フィニッシュはドライでビター。特筆すべきはホップとモルトの例外的なまでのバランスの良さで、ホップフレイバーが存分に楽しめながらも飲み疲れしないまろやかさを持つ。
 このビールが冬のホリデーシーズンにおける楽しみの1つに加わることは間違いない。グラスを傾け、Celebrationという名の祝福を享受しよう。